「排卵検査薬」タグの記事一覧

排卵検査薬の蒸発線についてまとめています

排卵検査薬

排卵検査薬の蒸発線について詳しく調べました

150415342006_tp_v 妊活をしている女性にとって、大切なのが排卵日を特定する事です。

月に1度しか来ない排卵日ですから、きちんと把握してタイミングをとりたいもの。

そこで活躍するのが、排卵検査薬です。

ただ、排卵検査薬を使っていると、陰性だと思っていたのに、判定時間が経過してふと見たら薄っすらと線が出ていた、なんて経験をした方が多いようですが、これは「蒸発線」と呼ばれているものです。

これから、この蒸発線について説明していきましょう。


排卵検査薬でも蒸発線が出る?

yuka150912596015_tp_v 排卵検査薬は、尿に含まれている黄体形成ホルモン(LH)の濃度によって、反応するように作られています。

ただ、このLHホルモンは、常に尿の中に含まれているものですので、排卵検査薬を使用した際に薄っすらと蒸発線となって出てしまう事があります。

けれど、この蒸発線が出るタイミングは、指定されている一定の判定時間を経過してからです。

その為、排卵検査薬を使用する際には、その製品の判定時間をきちんと確認するようにしてください。

判定線の色の濃さによっても蒸発線なのかどうか確認できますので、毎回検査結果の濃さを覚えておくと、陽性反応と蒸発線との区別がつきやすくなるでしょう。

また、排卵検査薬はその感度によって、蒸発線が出やすかったり、出にくかったりします。

更に、尿中のLHホルモンの量には個人差がありますので、蒸発線が出やすい方がいるのも確かです。

最初は、数種類の排卵検査薬を同時に使ってみると、自分に合ったものが見つかるかもしれませんね。


ドゥーテスト(排卵検査薬)は蒸発線が出やすい?

151026m_018r_tp_v スティックの採尿部が大きく、尿がかけやすくなっている為、排卵検査薬が初めての方でも使いやすいと評判になっているのが、ドゥーテストLhです。

以前のドゥーテストは、50IU/Lと感度が低く作られていたので、蒸発線もほとんど出ませんでした。

けれど、新しくなったドゥーテストLhからは、30IU/Lと感度が低すぎず高すぎずとなり、蒸発線かどうか迷う事も増えたようです。

ただ、陽性の判定線はピンク系の色ですので、線の色で蒸発線なのかを判断するといいでしょう。

また、尿をかける時間が2秒と短く、判定時間も5分となっていますので、判定時間を過ぎたらすぐに判定ラインと基準ラインの濃さを比べます。

5分が経過して線が出ても、基準線より薄ければ、蒸発線の可能性が高いと言えます。


ワンステップ(排卵検査薬)は蒸発線が出やすい?

150912275732_tp_v ワンステップ排卵検査薬クリアは改良が重ねられ、現在ではLHホルモンが20mIUで陽性反応が出るようになっています。

これは、アメリカではトップの感度となっています。

その為、蒸発線も出やすくはなっているのですが、コントロールラインの色と濃さの比較によって、陽性かどうかの判断はしやすいと思います。

ワンステップは、最高感度によっていち早く陽性反応が出ますので、その後の排卵時のタイミングがとてもとりやすくなっています。

排卵日をもっと前から予想したい、といった場合には、ワンステップがおすすめです。


チェックワン(排卵検査薬)は蒸発線が出やすい?

150912335966_tp_v 蒸発線なのか、陽性の反応なのか、判定にモヤモヤするのが嫌、といった方は、チェックワンLHデジタルを使用しましょう。

チェックワンLHデジタルは、デジタルと言うだけあり、判定結果は線ではなくマークで表示されます。

つまり、チェックワンLHデジタルの場合は、蒸発線がない、と言う事になりますね。

陰性の場合は「○」のマークで、陽性の場合は「ニコちゃん」のマークで表示されます。

ただ、LHホルモンが40IU/Lで陽性反応が出るようになっていますので、感度は他の排卵検査薬と比べると低めです。

その為、陽性反応が出たらそこがピンポイントとなりますので、タイミングを逃さないようにする事が大切でしょう。

他の排卵検査薬では、蒸発線なのか陽性反応なのか毎回悩んでしまう、といった方でしたら、チェックワンLHデジタルがピッタリだと思います。


Pチェック(排卵検査薬)は蒸発線が出やすい?

yuka150701098458_tp_v p-チェックLHは感度が高く、LHホルモンの分泌量が10IU/Lと、少なくても反応するように作られている排卵検査薬です。

その為、蒸発線が出やすい排卵検査薬である、と言えるでしょう。

ただ、p-チェックLHの場合、陽性の判定は基準線1本と判定線2本の、合計3本の線で行います。

判定線の1本目で蒸発線のような薄い線が出ていても陽性反応だと認めず、次の2本目の判定線に反応が出たら、そこからピークに向かう、といった判断をしますので、蒸発線か陽性かで迷う事がありません。

その代わり、排卵検査の期間が多少長くなってしまうのが、デメリットでもあるでしょう。

複数のラインで排卵が近づいてくるのが分かるので、いつも排卵時期を逃してタイミングがとれない、といった方は、感度のよいp-チェックLHを試してみてください。


排卵検査薬の蒸発線のまとめ

yuka150701278597_tp_v 排卵検査薬でどうして蒸発線が出てしまうのか、分かってもらえたと思いますが、まとめると

・一定時間経過した後に出る線は、蒸発線である可能性が高い
・排卵検査薬の感度によって、蒸発線が出やすいもの、出にくいものがある
・LHホルモンの分泌量には個人差があるので、蒸発線が出やすい人もいる
・蒸発線が頻繁に出るようであれば、感度の低い排卵検査薬を使用する
・デジタル表示であれば、蒸発線が出る事はない

といった事になります。

蒸発線は、尿の水分が蒸発する際に、尿中のLHホルモンの成分が濃くなってしまった為に、反応した線だと考えられます。

その為、蒸発線で迷うのが嫌であれば、感度が低い排卵検査薬や、デジタルのものを使用するといいでしょう。

また、排卵検査薬の判定時間内で反応が出ていなかったのなら、蒸発線だと割り切ってもいいと思います。

排卵する際のピーク時には、LHホルモンの濃度もかなり濃くなりますので、薄い蒸発線とはハッキリと異なります。

どちらにしても、感度の高い、低いによって、蒸発線が出やすかったり、出にくかったりしますので、蒸発線に迷うのが嫌であれば、他の排卵検査薬も試してみてください。

ラッキーテスト(排卵検査薬)のことをまとめてあります

排卵検査薬

ラッキーテスト(排卵検査薬)について詳しく調べました

0i9a5582isumi_tp_v 排卵検査薬は、妊娠したいと思っている女性にとって、必要不可欠とも言えるアイテムですよね。

排卵検査薬を利用する事で、排卵日以外にも、本当に排卵しているのか?といった事も、自分でチェックする事ができます。

排卵検査薬は、日本以外でも当然使用されていますが、世界で有名な排卵検査薬と言えば、世界80ヶ国以上で販売されている「ラッキーテスト」です。

そんな、排卵検査薬であるラッキーテストについて、詳しく調べてみました。


ラッキーテスト(排卵検査薬)の使い方

sayapon20160312402117_tp_v まず、ラッキーテストの使い方です。

ラッキーテストには、紙タイプとスティックタイプの2種類があります。

紙タイプの場合は、自分の尿を紙コップなどに採取し、そこに5~15秒ほど浸します。

その後、ラッキーテストを取り出して反応が出るのを待ちますが、強い陽性反応でしたら1分以内には結果が出ます。

もし、何の反応が出なくても、弱い陽性反応が出る可能性がありますので、水平な場所に置いて10分間待ち判断します。

次に、スティックタイプの場合は、尿をかける場所に3秒程度自分の尿をかけます。

そして、下向きにしたまま蓋をし、水平な場所に置いて1分間待ち反応をチェックします。

スティックタイプの方が反応の待ち時間も少なく、紙コップ等に自分の尿を採取しなくて済むので、ラッキーテストを使用する場合はスティックタイプの方が、使い勝手はいいでしょう。

ただ、妊娠検査薬は、1回使えばそれでいい、といったものではありません。

少しでも正確な排卵日を知る為には、数日間使い続ける必要があります。

その為、費用の面から見ると、紙タイプのラッキーテストの方が安価に購入できます。

紙タイプもスティックタイプも、同じ妊娠検査薬ですので、精度に大きな違いはありません。

両タイプのラッキーテストを使ってみて、自分の好みや使い勝手で、上手に使い分けるようにしてください。


ラッキーテスト(排卵検査薬)の薄い線は陽性?

150415222377_tp_v ラッキーテストを使っていると、誰もが経験するであろう事が「薄い線」の判断をどうしようか、と言うものです。

ラッキーテストの特徴は、感度が高すぎもせず、低すぎもせず、と言う事です。

排卵検査薬の種類は、いくつもあります。

中には感度がやたらと高く、ずっと陽性の線が薄く出続けてしまう、といったものや、感度が低くいつまで経っても陽線の線が出ず、やっと薄く出たと思ったら実はそれがピークだった、といったものもあります。

その点、ラッキーテストの感度は、ちょうど中間あたりに位置していますし、検査精度は99%以上となっていますので信頼できます。

その為、薄い線が出たら、もうすぐ排卵日が来ると思って間違いありません。

その後は、1日に2回検査してみると、徐々に陽性反応が強くなるでしょう。

また、排卵検査薬は、尿の中に含まれている黄体形成ホルモン(LH)の濃度を検査して、陽性、陰性を判定しています。

LHホルモンの分泌量には個人差がありますので、判定線よりも薄く陽性反応が出てしまう事もあります。

3周期程度ラッキーテストを使っていると、薄い線が何日程度続くのか、一番強い陽性反応はどの程度の濃さなのか、といった自分の陽性反応の推移が把握できるようになるでしょう。

この推移と照らしあわせる事で、より確実に自分の排卵日が予想できるようになります。

「習うよりも慣れろ」です。

一度ラッキーテストを使ってみると、薄い線でも陽性かどうかの判断はつくようになりますよ。


ラッキーテスト(排卵検査薬)はフライング向き?

yuka150701598457_tp_v 生理周期が定まらず、排卵日がなかなか特定できない場合は、フライングで排卵検査薬を使いたくなる事もあると思います。

ラッキーテストは海外製で、しかも感度も中間を保っていますので、フライングに適している排卵検査薬、と言ってもいいでしょう。

ラッキーテストで検査した結果、薄っすらとでも陽性が出たら、そこから続けて検査を行いましょう。

徐々に、判定線が濃くなっていくと思います。

反対に、何の反応も出なければ、排卵までにはまだ時間がある、と言う事です。

ラッキーテストの感度であれば、尿中の黄体形成ホルモン(LH)の濃度変化はきちんとキャッチできます。

自分の判定線の濃淡の推移を確認する為にも、フライングは一度経験した方がいいかもしれませんね。


ラッキーテスト(排卵検査薬)の口コミ

saya160312140i9a3606_tp_v 海外製の排卵検査薬として人気のあるラッキーテストですが、その口コミには次のようなものがあります。

・線がしっかり出るので反応が分かりやすい
・紙タイプだと価格がリーズナブル
・世界販売実績No.1だから信頼できる
・海外製だから不安だったけれど、問題なく使えた
・通販で簡単に購入できた

ラッキーテストの一番の特徴が、感度が高すぎず、低すぎずの中間にある事です。

その為、陰性、陽性の判定がしっかりとできるようになっています。

また、妊活は長期化する可能性もありますので、価格がリーズナブルになるのも嬉しいですね。

日本だけではなく、世界中の人々が使用して妊娠に役立てているので、実績もあります。

海外製の排卵検査薬だからといって個人輸入する必要もなく、普通に通販で手軽に購入できる点も魅力です。

排卵検査薬は、排卵日近くになると急激に上昇する、黄体形成ホルモン(LH)の濃度に反応するように作られています。

けれど、反応する濃度の基準は、各メーカーによってバラつきがありますので、できれば数種類の排卵検査薬を使ってみて、自分が一番判定しやすいものを選ぶ事をおすすめします。


ラッキーテスト(排卵検査薬)のまとめ

tc160130010i9a6565_tp_v 世界販売実績No.1の排卵検査薬であるラッキーテストについて説明してきましたが、最後にまとめてみましょう。

・紙タイプとスティックタイプがある
・紙タイプであれば、リーズナブル
・感度は中間の25IU/L
・フライングに適している
・判定線が薄く出たら検査を続ける
・世界販売実績No.1

ラッキーテストは、世界80ヶ国に輸出されているアメリカ製の排卵検査薬です。

数多くの医療機関で使用されていて、その判定は信頼性が高いと言えるでしょう。

排卵検査薬は、1種類しか使ってはいけない、といった決まりはありませんし、排卵時の黄体形成ホルモン(LH)の分泌量にも個人差があります。

その為、ラッキーテストを使ってみたら、今までの排卵検査薬の中で一番判定がしやすかった、といった事になるかもしれません。

もし、機会があればラッキーテストも使ってみましょう。

最後に、排卵検査薬で陽性が出ていても、実際には排卵していなかった、といったケースが稀にあります。

基礎体温をつける事はもちろんですが、確実に排卵しているかどうかを知りたいなら、きちんと病院で検査するようにしてください。

ゴールドサイン(排卵検査薬)のことをまとめています

排卵検査薬
2

ゴールドサイン(排卵検査薬)について詳しく調べました

2ここでは、排卵検査薬のゴールドサインのことをまとめています

排卵日を知るためにゴールドサインを使っていたら、こんな時はどうしたらいいのかと不安に思うこともよくあるでしょう。

ゴールドサインは産婦人科で処方されることが多いですが、他の排卵検査薬の方が使いやすいんじゃないかと疑問に思うこともあるかもしれません。

排卵検査薬は商品によって違いがありますし、相性もありますので、もしかしたら、ゴールドサインが合っていない可能性もあります。

でも、正しい使い方をしていなかったら、どんな排卵検査薬を使っても同じことになってしまいますから、まずはゴールドサインのことを知りましょう。

 

ゴールドサインが陽性なら排卵はいつ?

3ゴールドサインが陽性に反応したら、排卵はいつなのかというと、36時間後くらいでしょう。

ただ、ゴールドサインは排卵する36時間くらい前から反応するといわれているため、検査を行うタイミングによって誤差が生じます。

それに、きっちり36時間後に排卵するわけではなくて、個人差もありますし、その時の体調によっても異なるので、絶対とはいえません。

排卵検査薬でわかるのは、あくまでも目安になる時間です。

排卵日が近くなったらこまめに検査するとか、基礎体温を測る、産婦人科での検査を併用するといった方法で排卵予想の精度をあげるといっても限界があります。

まだ排卵しない、なかなか陽性にならないとイライラしていると、ストレスになってしまいますし、参考程度に考えるようにしてください。

 

ゴールドサインの陽性が出たらタイミングはいつとればいい?

8タイミング法で不妊治療をしている場合、ゴールドサインで陽性が出たら、タイミングをとるのは、その日の夜がベストでしょう。

一般的に、卵子の寿命は排卵してから6時間から8時間くらいだといわれています。

それに対して、精子の寿命は36時間くらいだと考えられていますが、射精後、すぐに受精が可能になるわけではなく、5時間から6時間後に可能になるという点に注意が必要です。

排卵してからタイミングをとるのでは遅くなってしまうので、排卵直前にタイミングをとって精子を待機させておくイメージになります。

もちろん、できることなら陽性が出た日とその次の日に続けてタイミングをとれるのが理想です。

毎月1回しかない上に、受精できる時間が限られていますから、どうしてもこの日にタイミングをとらないと!なんて焦ってしまいがちですよね。

でも、男性は強要されるのが苦手なものです。

疲れているのに無理強いすると、夫婦仲が悪化してしまいかねません。

男性側のコンディションにも配慮しながらタイミングをとるようにしましょう。

 

ゴールドサインで色が薄いのは排卵後?

saya160312050i9a3455_tp_vゴールドサインで色が薄く表示されたからといって、排卵後とは限りません

ゴールドサインで検査をしていると、色が薄い状態が続いて、色が濃くなって、また色が薄くなるという感じになることが多いです。

ゴールドサインは尿中のhLH(ヒト黄体形成ホルモン)を検出して、その量が多いほどスポットの色が濃く表示されます。

かけた尿の中に20IU/L以上のhLHがあれば反応しますが、排卵を促す指令になるLHサージが起こるのは40IU/L以上というのが一般的です。

hLHの分泌量は排卵日に向けて増えていきますが、LHサージが起こったからといって、必ずしも排卵が起こるわけではありません。

何かしらの不具合が起こって排卵しないこともありますので、排卵があったかどうかを知りたい場合には、産婦人科を受診するといいでしょう。

 

ゴールドサインで色がずっと薄い原因

7 ゴールドサインで検査していて色がずっと薄い場合、その原因として考えられるのは、

・生理周期のズレ
・hLHの分泌量が少なめ

といったことでしょう。

生理周期がズレたり、排卵が遅れたりすると、色が薄く表示される日が何日も続くことになります。

特に思い当たる原因がないのに、生理不順が続くようなら産婦人科を受診して、改善するようにしましょう。

気がつかないうちに赤ちゃんができにくい疾患を患っていることもあります。

それに、生活習慣を見直して生理周期を整えることで、赤ちゃんができやすくなるかもしれません。

また、体質的にhLHの分泌量が少なめの人の場合には、色が薄いままで見本のようには濃くならずに終わることもあります。

その場合でも、多少の濃度の変化はあるはずですから、自分で検査した結果を比較してみてください。

 

ゴールドサイン(排卵検査薬)のまとめ

1 ゴールドサイン(排卵検査薬)についてまとめておくなら、

・陽性が出たら約36時間後に排卵が起こると予想できるので、その日の夜にタイミングをとる
・色が薄い日が続くようなら、産婦人科を受診する
・ゴールドサインでわかるのは排卵の有無ではなく、排卵を促す指示

といった感じになります。

ゴールドサインはhLHの分泌量が少なくても反応して、色の濃淡で分泌量が判断できるのが特徴です。

不妊治療にもよく使われている排卵検査薬ですが、人によっては上手く反応しなかったり、排卵が起きているのに陽性反応が出ないこともあるといいます。

全然反応が出なくて不安だったら、他の排卵検査薬と併用してみて、そちらの方が使いやすかったら換えてみるのもいいかもしれません。

デジタルの排卵検査薬もありますし、自分に合ったものを探してみてください。

ページの先頭へ